>

歯列矯正は何故必要なのか

永久歯が生えるまで

乳歯が生えそろった頃から永久歯が生え始めるまでの、全てが乳歯の時期は3~6歳の間です。
この時期、歯並びが気になるからといって、歯列矯正の治療をすぐに始めることはしません。
幼い子には歯医者を怖がることも少なくはありません。
なので、治療の前に歯医者になれる所からスタートします。
その際に、虫歯あるかどうかの確認や噛み合わせチェック、それと歯列に影響するので、呼吸の仕方、指しゃぶりの有無、舌の癖も確認します。

治療が全くできないこともありませんが、治療が困難と判断された場合、簡単な装置が使えるまで半年から1年ごとに経過観察を行います。

永久歯が生えだした頃から生えそろうまでは、顎の骨の成長をコントロールしやすい時期なので一期治療開始に適しています。

永久歯に生えそろった後

永久歯が生えそろうのは、個人差がありますが、12~15歳ごろです。
このころに適しているのが顎の矯正よりも、歯1本1本につける矯正です。

一期治療を行っていた場合でも、完全に矯正できなかった歯並びを綺麗に整えることができます。
矯正器具は昔でしたら、歯の外側につける、目立ちやすいものが一般的でしたが、今では歯の裏側に装着する物もあります。

二期治療に最適な時期を考えると、見た目を気にしやすい年ごろになるので、歯列矯正をする場合は子供とよく相談して決めることも大切です。

また、18才以降の大人の歯でも矯正は不可能ではありません。
しかし、子供と比較すると矯正するのに時間がかかるので、その分費用も高くなりやすいです。


Share!
TOPへ戻る