>

一期治療は顎の骨を矯正

一期治療の内容

一期治療は顎の骨が柔らかいうちに行うものですが、顎の骨や関節が柔らかい幼いうちにしかできない治療方法です。
上下の顎のバランスを正しい位置に矯正します。

上下の顎のバランスは生活習慣でバランスを崩します。
例えば、指しゃぶり、舌で歯を押すといったことは歯並びだけでなく、顎の骨の成長に悪影響が出てしまいます。

顎の矯正では顎が小さい場合に広げるようにするための装置や、先ほどのような生活習慣をやめさせるための装置を装着します。
顎の形と大きさを整えることで永久歯が綺麗に生えてこられるようにするのが目的です。

そのため、二期治療をしなくても永久歯の生え方によっては歯列矯正が完了する場合もあります。
ただ、一期治療を必ずしないといけない、ということはなく場合によっては二期治療からスタートした方がいい時もあります。

一期治療の費用と期間の目安

歯列矯正は保険適用外になるので、治療の時期に関わらず高額になりやすいです。

費用は使用する装置の種類と期間で異なってきますが、おおまかにいうと、一期治療のみで20万円~50万円が目安です。
また、歯医者ごとで必要な治療費用が異なりますので注意してください。

矯正の期間は、始めた時期、成長スピード、生え変わりの速度によっても変化し、目安は10カ月~1年半です。
一期治療の後に二期治療に移る場合、一期と二期の間で数年間を開けることもあります。

例えば6歳の女の子の、歯の凹凸と反対噛合の治療では、顎の拡張、上顎を前方に移動させる装置とブラケットを1年半行い、費用は45万円でした。
顎と歯の状態から治療プランを打ち出し、複数の装置をつけることもあります。




Share!
TOPへ戻る